クランク

クランクベイトの作り方

クランクベイトこのコーナーではクランクベイト、しかもラトルの入ったクランクベイトの作り方を紹介する。
作り方はミノーやンシルベイトとほぼ同じで、違うのはルアーの形とラトルが入っている点だけなので、あまり細かい説明は省き、クランクベイトに特徴的なポイントを書いた。

詳しい作り方はミノーおよびペンシルベイトの作り方のコーナーを読んでほしい。
なお今回使ったものは、このページの最後に載せた。

断面図作り方を紹介する前にクランクベイトの構造を説明しよう。横の断面は右図のようになっている。
今回はラトルを入れるためシャフト(針金の部分)が特別な形になっているが、ラトルを入れないのであればミノーと同じようにシャフトを作り、センターアイの前後両方にオモリを埋め込む。

他の工程はミノーと同じだ。
または硬い木材をボディに使用するならば、ペンシルベイトと同じようにヒートンを使うこともできる。



作り方

  1. 型紙を作る

    型紙作りたいクランクベイトを紙に書き、厚紙で右図2種類の型紙を作る。
    完成図より少し細めに型紙をつくるのがコツ。
    これはコーティングの行程でルアーが太くなることを考慮するためだ。
    オモリの位置には穴を開ける。
    初めて作る人は市販品か右図を参考にして型紙を作るといいと思う。

  2. バルサを切る

    型紙をバルサの板にあて、ペンでなぞる。そしてカッターナイフか糸ノコギリで切る。ミノーと比べて板が厚く切りづらいので、出来れば糸ノコで切るか、または薄いバルサ板を4枚切り、2枚ずつ接着剤で張り合わせる。

    必ず注意のコーナーをよく読んだ後に切る。
    刃先がこぼれていたら新しいものに替える。
    かなり力がいるのでゆっくりと切り、またバルサの下には何か敷いて切るとバルサも机も傷つかない。

  3. ラトルを作る

    ラトルラトルは右図のようなものを作る。
    使用するのは、マジックペンを切った円筒形の胴体と、鉛のかけら(釣り用のオモリなど)。

    ペンをノコギリで切り、図のような筒状にする。

    鉛はオモリをニッパーなどで削り、ペンチを使って丸い玉にする。

    玉の直径が筒の半径より大きくなるようにし、2・3個作る。

    あまり多く入れすぎるとラトル音がしなくなる。
    作った筒に鉛玉を入れたら、紙と接着剤で蓋をし密閉する。

    ラトルは、いろいろ工夫すると面白いと思う。
    筒や中に入れる玉の材質を変えることで音が変わる。

  4. ワイヤーでアイ・シャフトを作る

    ここはペンシルベイトで紹介した方法と異なるところ。
    詳しくはミノーの作り方を見ること。
    ワイヤーつまり針金は、ステンレス製などの錆びない材質で軟らかすぎないものを使う。
    ピアノ線でもいいだが、現在釣具屋でもルアー製作用にステンレスワイヤーが太さ違いのものが3種類ほど販売されているので、このうち0.9mmのものが加工しやすい。

  5. オモリとラトルの穴をあける

    穴あけ型紙とペンを使い、バルサのオモリの位置に印をつけ、右図のようにオモリとラトルを入れる穴を開ける。
    リューターや彫刻刀を使うとよい。
    彫りすぎないように注意し、二つのバルサの穴の深さが同じになるようにする。
    シャフトをはめるスペースを無くさないように注意すること。

  6. シャフト用の溝を作る

    溝彫り一度、シャフトとオモリをバルサで挟み(強く挟みすぎるとバルサがつぶれるので注意)、シャフトの跡をバルサにつける。
    その跡を精密ドライバーや彫刻刀で少し彫り、溝を作る。

  7. バルサを張り合わせる

    張り合わせここはミノーと異なるところだ。

    クランクベイトではバルサをルアーの形に削ってからシャフト、オモリ、ラトルを入れ接着剤で張り合わせる。
    クランクベイトは形が複雑なため、この方が作業しやすいため。
    オモリとラトルを埋め込み、両面 テープで張り合わせる。

  8. バルサを切る

    切るもう一つの型紙とペンを使い、バルサに型を書き、カッターで削る。右図は誇張しているが、この段階ではだいたいの形に削る。もちろん左右対称になるように慎重に削る。

  9. ルアーの形に整える

    形を整える図のように四つ角を削り八角形にする。
    一度に深く削らず、少しずつ薄く削っていく。

    腹部の曲線は特に注意すること。
    左右対称になるようバランスを見ながら削る。

    だいたいの形に削ったら、紙ヤスリを使ってルアーの形を滑らかにする。
    やすりの使い方はペンシルベイトの作り方と同じで、2種類の紙ヤスリでルアー全体を徐々に滑らかにする。

  10. 張り合わせる

    張り合せるカッターをバルサの間に入れて、慎重に両面
    テープを剥がす。
    そして今度は瞬間接着剤を使い張り合わせる。

    再び紙ヤスリで継ぎ目をなめらかにする。
    アイを削らないように注意すること。

  11. コーティング・塗装をする

    コーティングこの作業の前にあらかじめ、乾燥台を作っておく。
    ペンシルベイトの作成時に作ったものがあればそれを使う。

    前部、後部からのセルロース1液へのドブ漬け乾燥をそれぞれ3回以上行う。
    詳しくは塗装のコーナーを参考にしてほしい。
    コーティングが終わったら、紙ヤスリで表面 をなめらかにする。
    そして塗装を行う。

  12. 目をつけ、コーティング

    目をつけるペイントアイの方法をとるのなら塗装のコーナーを参考に。
    グラスアイを使う方法をとるならペンシルベイトの作り方を参考にすること。
    つけ終わったら、セルロース2液で頭部と後部からのそれぞれ1回コーティング乾燥を行う。
    これでルアーにツヤが出る。

  13. リップを作る

    リップポリカーボネート板(なければアクリル板)をノコギリや金属用のはさみで切り、リップを作る。市販のリップを使用しても良い。
    リップの形状はいろいろあるが、右図を参考にして作っても結構だ。
    図のように刻みを入れ、リップの接着面を多くすることでリップがぐらつかなくなる。

    材料としては、ポリカーボネート板がお勧めだが、なければアクリル板やアルミ板、ステンレス板でも代用できる。

    ちなみに金属板を除いてはポリカーボネートは透明樹脂の中で最高の衝撃強度がある。
    PET板の約8倍、アクリル板の約40倍と次のページに掲載されている。

    http://www.oisogi.com/product/index.html

    また基板リップというものもあるが、正式にはFRP板。
    FRPはFiber Reinforced Plasticsの略で、クランクベイトのリップはガラス繊維であるGFRP(Glass FRP)である。

    HMKLではハンクルサーキットボードという商品名でも出している。

    質問のコーナーでのリップの購入先についてを参考に。

  14. リップを付ける

    リップ付けルアーのリップを付ける位置をカッターや彫刻刀、リューターを使って穴を彫る。
    穴の深さは5mm以上。
    リップを付ける角度はルアーに求める動きによって様々だがここでは約40度にしている。

    最初、リップの穴の大きさはリップの厚さと幅より少し小さめに削り、徐々に大きくする。

    そして瞬間接着剤で防水処理を行う。

    乾燥後リップをはめ(仮付け)、浴槽でスイムテストを行う。

    理想の泳ぎになるまでリップを削ったら、瞬間接着剤でルアーに付ける。

    最後に、リップの側面 と付け根にセルロース1液を薄く塗り、防水処理をする。

    後はスプリットリングとフックを付ければ完成

  15. ディープクランクの場合

    フロントアイは上図のような形に作る。
    リップを差し込むボディの穴は普通のクランクと違い、シャフトの上側に作る。
    またリップにアイを通すための穴をあける。他の行程は同じだ。



今回使ったもの

  • バルサ板
  • フック2個(ダブルフックまたはトリプルフック)
  • スプリットリング(ダブルフック使用時は不要)
  • ワイヤー(ステンレス製かピアノ線で、太さ0.9mm)
  • ラトル用の筒(使い古しのマジックペンなどで代用可)
  • 目2個(ルアーの目となるものなら可。ペイントアイにするのなら不要)
  • 両面テープ
  • 塗料(下塗り用と本塗り用、缶スプレーでもいい)、廃液瓶
  • 塗料うすめ液(ラッカーうすめ液またはシンナー)
  • ノコギリ(刃がこまかいもの)か金属用はさみ
  • カッターナイフ、糸ノコギリ(無くても可)
  • 紙ヤスリ(100番台、200番台、400番台)
  • リューターまたは彫刻刀、ポンチ
  • ペンチ、精密ドライバー
  • ハケか平筆、瞬間接着剤
  • エアーブラシまたは缶スプレー(塗装の方法により必要)
  • 防毒マスク(塗料やうすめ液などの有機溶剤を多く使う場合必要)
  • 乾燥台(自作)
  • コーティング剤(セルロースセメント1液と2液)
  • ポリカーボネート板かアクリル板(釣具屋で購入できる)

あまり時間がとれない、近くに店がない、などの人には下記 ↓ のインターネット通販を使うと便利。


blank

材料と工具については材料のコーナー工具のコーナーで詳しく書いているので参考に。

▲ページTOPヘ▲