CDソナー

CDバイブレーション(CDソナー)の作り方

ソナーこのコーナーでは必要なくなったCDを使ってバイブレーションルアーを作る。
ミニバイブレーション、フルッチよりも早く、そして低コストでしかも簡単に作れるのがこのCDソナー。

ほとんど手元にある材料で作れる。
完成するまでにかかる時間は3時間ぐらいだろう。

このルアーを作っておけば、木を使ってバイブレーションを作る際に、オモリのバランスをどうすればいいのかがわかる。



用意する物

材料
  • ナツメ型オモリ、フック(サイズは8か10)、スプリットリング、

    目玉シール、塗料、必要なくなったCD(雑誌の付録や、失敗したCD-Rなど)

工具
  • 油性ペン、刃の細かいノコギリ(糸ノコなど)、
    金ヤスリ(プラスッチク用が最適)、かなづち、台、
    ニッパー、紙ヤスリ、穴を開けるもの(リューターかキリ)、

    瞬間接着剤、2液製エポキシ接着剤、塗料(油性マジックでも可)、ペンチ
    *これらは代用できる物があれば全部を揃える必要はない。

  •  

あまり時間がとれない、近くに店がない、などの人には下記 ↓ のインターネット通販を使うと便利。


blank

作り方

  1. CDを切る

    始める前に必ず注意のコーナーは読むこと。

    CDの表面 (何か書いてある側)にペンで切るための線を2本(横の線と縦の線)引く。
    裏に書いてしまうと、完成したときに書いた跡が残る可能性がある。
    CDはプラスチックだから消すのが大変だ。
    CD
    下に紙を敷き、CDの表を上にして、ノコギリなどで線に沿って切る。
    右図のように2回切る。

    あまり強い力で切ると、CDが割れてしまうので注意すること。

    また、CDの裏を傷つけないように。切る大きさは、横に約97mm、縦に約26mmがいいだろう。

  2. ルアーの形にする

    切る1で作った2枚のCD板を、右図のようにさらにノコギリなどで切ってから、金ヤスリで角を削りルアーの形にする。
    このときもCDの裏に傷つけないように注意すること。

    ヤスリで削る作業はけっこう時間がかかるので気長に作業すること。

    とにかくCDの裏側は何もしないことだ。
    また、削りかすは静電気で手に付くのでハケで取るといい。

  3. 2枚を接着する

    接着瞬間接着剤を使って、CDの表側同士を張り付ける。

    乾いたらふたたび金ヤスリを使って切断面 をなめらかに整える。

    形は左図を参考にする。ほぼ正確に形を表現してある。
    だいたい米粒のような形になる。

    これでキラキラと反射するCD裏面 を利用したボディーができた。

  4. オモリを加工する

    オモリの加工ナツメ型オモリを加工する。
    まず、台の上にオモリを置き金槌でたたいて平らにする。
    厚さ約2mmの楕円形にする。

    次にニッパーで図のように削り取る。

    そして最後に金ヤスリで断面を滑らかにする。横23mm、縦が最高9mmぐらいが大きさの目安だ。

  5. オモリをつける

    オモリをつける右図のように、加工したオモリと3で作ったCD板を瞬間接着剤でくっつける。
    両方のオモリが左右正対称に付くようにバランスを見ながら慎重につけよう。

    ついて乾燥したらオモリとCDの間にできた隙間に瞬間接着剤を流し込みしっかりとくっつける。

  6. アイの穴をあける

    アイの加工リューター(なければキリやドリルなど)で穴をあける。
    フックの穴を2つ、ラインアイの穴を3つか4つ開ける。

    開ける位置は右図を参考に。

    穴とCD板の端との間は0.8mm以上にする。

    *穴は強度の問題で補強する必要が出てくるかもしれないが今回は8の作業だけでよしとする。

  7. 目をつけ、塗装する

    目を書くオモリの表面を紙ヤスリで滑らかにしたら、瞬間接着剤で目玉シールをつける。
    そして油性ペンや塗料でなどで模様をつける。

  8. 補強する

    補強2液製エポキシ接着剤をCDの切断面に塗る。
    乾燥中は触れないように注意する。
    これで補強され、スプリットリング・フックをつければ完成だ。

  9. テストする

    完成小さなルアーだから、浴槽で泳がしてテストができる。

    ルアーにラインをつけ、テストする。

    ラインを引っ張るとボディを揺らしながら泳げば成功だ。

    ラインアイが3、4個あるので試してみよう。
    一番後ろのアイにラインをつないでもうまく泳がなければ失敗だ。

    次の補足を参考にオモリを付け足してみてほしい。

 


補足

ミニルアーフルッチの場合はフックは1つだったが、今回は2つ。

うまく泳ぐようにするためにはオモリの位置が重要になってくる。
作者の経験から、次のようにすることでだいたいうまく泳ぐ。

バランス右図を使って説明する。
ラインアイ、センターフックアイ、リアフックアイ、この3つは○で示す。
そしてその○を線でつなぎ三角形にしている。

ラインアイとセンターフックアイをつないだ線を1、ラインアイとリアフックアイをつないだ線を2とする。そしてオモリを1の線で二つに分けて、左側をA、右側をBとする。

  • 経験則1
    1の線は2の線より長くする。
  • 経験則2
    AはBより重過ぎてはいけない。軽くてもいけない。

この2つができていれば、だいたい成功する。

テストのとき、4つのラインアイのうち、一番後ろのアイにラインを結んだときに、一番ボディを揺らすことが判ると思う。
このときAはBよりも一番重くなってるはずだ。

しかしAが重すぎるとボディをほとんど揺らさない。
だからテストのときボディが揺れないようであれば、オモリをB側に少し足してみるとよいだろう。

ただしルアーを早く動かせばボディは揺れるので、その点は考慮すること。
AがBよりどのくらいまで重ければいいのか、これは1と2の長さの関係もあり、複雑で一言ではいえないし作者もよくわからない。

頭で考えるより、たくさんアイの穴を開けて試してみるといい。

▲ページTOPヘ▲